公開日: 2019年9月24日 - 最終更新日:2019年9月24日
あゆみショップ 本店 

足の大きさが左右違うのは当たり前。靴を片方ずつ買うのも当たり前に。

Syoko.FSyoko.F
  • シェア
  • twitter

みなさんは靴を履いたとき、片方だけ窮屈に感じたり、ゆるく感じたことはありませんか?足はとても個性的です。靴に足を合わせるのではなく、足に合った靴を選びたいですよね。足の大きさや形は人によってもちろん違いますが、左右でも違いがあります。靴は1足(左右)で購入するのが当たり前だと思っている方必見。片方ずつ購入できる靴もあるんです。

足の大きさは左右違って当たり前

みなさんは自分の足の大きさを知っていますか?一口に足の大きさと言っても、長さ(足長)や幅(足幅)、指や骨の形、厚さなど様々な要素を含んでいます。長さだけでなく、自分の足の個性に目を向けてみましょう。

上の画像は、私の足計測データです。足の長さ(足長)が 左:23.2cm 右:23.4cm 右足の方が2mmほど長いのが分かります。足の幅(足幅)、かかとの幅(踵幅)も右足の方が大きいですね。私のように左右で足の大きさが違うのは、決して珍しいことではありません。足に限った話ではないですが、人間の体は左右で大きさや形に差があるものです。

靴を履いたとき、どちらか片方だけが窮屈に感じたり、ゆるく感じることがあるようでしたら、それは実際に足の大きさに違いがあるからです。

足の大きさが左右違う際の靴の買い方

足の大きさが左右で違うと、合う靴を探すのが難しいですよね。靴を購入する際、大きい方の足に合わせて選ぶ方が多いのではないでしょうか。小さい方の足に合わせて選んでしまうと、足が圧迫され、変形など足の疾患に繋がりかねません。ですので1足での販売しかない靴の場合は、大きい方に合わせて選ぶことをおすすめします。

しかし大きすぎる靴を選んでしまうと、かかとがパカパカ浮いてしまったり、足が前に滑ったりすることがあります。合わない靴を履き続けることは、靴ずれや捻挫、外反母趾、たこ、魚の目など様々な足のトラブルを引き起こすと言われています。靴は大きすぎても、小さすぎても足には良くないのです。

足の大きさが左右で違っている方、左右で1足購入するのが当たり前だと思われている方必見、片方ずつでも購入できる靴があるんです。

靴の片方販売について

靴の片方販売をしているメーカーは、インターネット検索で見つけることができます。価格は、片方の場合、1足の半分で設定されているところが多く、分かりやすいですね。今や靴の片方販売は、珍しいものではなくなってきています。左右それぞれの足に合った靴を選ぶことで、足のトラブルを防ぐことができます。しかし商品を取り扱っている店舗が少ないのが現状です。

弊社の「あゆみシューズ」は、業界で初めて左右サイズ違い販売や片方販売に取り組みました。ぜひお気軽にお問い合わせください。

足の大きさが左右で違っている方、足に合う靴がなかなか見つからない方、左右で1足購入するのが当たり前だと思われている方、靴を検討する際、片方販売の靴も選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

足には個性があります。左右で大きさが違うのも当たり前のことです。大きさの合ってない靴を履き続けると、様々な足のトラブルが起こることがあります。靴に足を合わせるのではなく、足に合った靴選びをしていただきたいです。今や靴の片方販売は珍しいことではありません。靴を検討する際には、ぜひご検討してみてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
Syoko.F

Syoko.F

製造部 国内生産課のSyoko.Fです。
生まれも育ちも、うどん県こと香川県。趣味は美術鑑賞です。
入社4年目。普段は香川県の本社工場にて靴づくりをしています。
靴の製造作業は大きく「縫製」と「吊り込み」のふたつに分けられます。
私は縫製されたものを、靴の形に組み立てる「吊り込み」作業を担当しています。機械や道具を使用し、一つ一つ手作業で、まごころ込めて靴づくりに励んでいます。